よくある質問

よくあるご質問にお答えします

よくあるご質問にお答えします。
下記内容で解決しない場合、お気軽に問い合わせください。

高くないですか?

原稿作成~編集~デザインからすべての工程を巻き取り、お客様のご負担を大きく軽減します。
多くのお客様から「この負担が減ることを考えると割安である」とのお褒めの言葉をいただいています。

「販促ツール」とは何ですか?

営業スタッフが顧客訪問時や展示会で活用する「パンフレット」「カタログ」「チラシ」「販促ビデオ」「Webサイト」「PPT提案書」の事です。BtoB(企業間取引)の営業現場では、製品やサービスが複雑化・高度化・多様化しており、自社や販売パートナー会社の営業マンのスキルレベルのばらつきが原因でお客様に特長や競合製品との差別化ポイントがうまく説明できず、多くの機会損失が生まれています。ここを効率よく改善すれば、売上に直結するため、高い費用対効果が生まれます。

販促ツールは基本的に社内で内製しろ、と言われているのですが

コスト抑制の観点から、自前主義の企業が増えていることは理解しておりますが、専門家にアウトソースすることで実現する効果があります。また、リソースの不足と品質低下などの理由でアウトソース化を決断されるお客様が多いことも事実ですので、まずはお話しさせてください。

成果物がはっきりしていないのですが、相談可能ですか?

はい、ツール制作の目的と、現状の課題をお知らせいただければ、こちらからご提案が可能です。
コストを抑え、ご予算を検討しやすい過去の実績サンプルなどお見せしながら、お客様に最適なツールをご提案します。

相談する際、何を用意すればよいですか?

もし、現状使用している説明資料があればご用意ください。
あとはお会いして、ツール制作の目的と、現状の課題などからヒアリングさせていただきます。

かなり特殊な商材ですが、大丈夫ですか?

皆様そのようにおっしゃいます。特殊なのはスペックなのか、商流なのか、さまざまですが、これまでのBtoB販促での実績と経験で、課題解決のためにご提案させてください。

見積り依頼の際に必要な情報は?

印刷物であれば仕上がりページ数、印刷部数、ビデオであればご希望の再生時間、といったところですが、メディアや仕様は目的達成のために変動する可能性があり、ご提案となりますので、まずはお問い合わせください。

コンペに参加してもらえますか?

初回取引時には必要であると思いますので参加させていただきます。ですが、「限りなく成果物に近いものの提出を求められる場合」や、「コンテンツの品質を度外視してコスト抑制だけを目的としている場合」などはお断りさせていただく場合がございます。

制作データも納品してもらえますか?

はい、開発済みプログラムや、映像の編集ファイルなどは除きますが、DTP制作データなどは基本的にお客様の著作物として納品させていただきます。画像化して提案書やWebサイトに流用いただくなどの二次利用もOKです。メディアを超えて効率化することが弊社のポリシーですのでお客様の利便性を最重視して、柔軟に対応させていただきます。(標準制作環境は Adobe Creative Cloud InDesign/Illustrator です)