いまブチ!特別篇06

2017.08.17

【いまブチ特別篇06】日本語でおk? リテラシー って何でしょう?

「リテラシーが高い、低い」といった言葉がビジネス用語として、
さりげなく使用されるようになりました。

意味わかりますか?


■リテラシーの意味

「リテラシー(literacy)」とは、

letterから派生してできた単語で、もともとは「識字能力(文字を認識して読み書きできる能力)」。

現在ではそこから派生して、

「自らの力で情報を得、さらにその情報を利用・活用する力」

「適切に解釈・理解できる、知識・教養がある、使いこなすことができる」

という意味合いで使われています。

例えば、

「ITリテラシーが低い」・・・ITを使いこなす能力が低い

といった具合です。


 
◼️ビジネスシーンでの使われ方

本来「リテラシー」は単独でその言葉だけを使うことは少なく「ITリテラシー」など、
「○○リテラシー」というように使用されていましたが、
浸透するにつれて「リテラシーが低い」と単独で使用される場面が増えています。

この言葉が浸透して来た背景には、
日本のビジネスシーンにおいて「あの会社(人)は能力が低い」とは(失礼過ぎて)言いにくいものですが、
「あの会社(人)はリテラシーが低い」なら言いやすい…というのが関係している気がします。

予算を「バジェット」、思い付きを「ジャストアイデア」というのと同じ感覚ですね。


流行り言葉を覚えるとついつい使いたくなるものですが、
正しい意味合いを理解した上で、用法、用量を守って正しくお使いください!(笑)

>BtoB 企業 販促・マーケティング コンテンツの企画・制作なら!

ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TAG CLOUD